総義歯

総義歯とは、何らかの原因によって、片あごまたは上下両あごのすべての歯を失い、一本も残っていない場合には、総入れ歯(総義歯)による治療となります。
健康保険が適応する総入れ歯はプラスチックのものしかありませんが、保険適用外の総入れ歯であれば様々なタイプのものがあります。

総義歯の費用

保険適用の総入れ歯は約1万円で作ることができます。

歯を失った場合の保険適用外の治療法

保険外での治療方法には、インプラント義歯などが可能です。

4点支持、2点支持のインプラント義歯イメージ画像

※状況により4点支持、もしくは2点支持があります。

総義歯の料金 309,000円(税込)です。※インプラントを除く。

総入れ歯の種類

プラスチック床義歯

プラスチック床義歯画像

義歯床がプラスチックで出来ています。
プラスチックの入れ歯は分厚くなりやすく、しゃべりにくかったり、違和感が強かったりすることがありますが、治療費が安い、修理がしやすいといったメリットもあります。

※保険適用、保険適用外のものもあります。

金属相義歯

金属相義歯画像

義歯床が金属で出来ています。
金属は強度が強いので入れ歯を薄くすることができ、保険のものよりしゃべりやすかったり、違和感が少なかったりする入れ歯を作れる可能性が高くなります。

※保険適用外となります。

シリコーン義歯

シリコーン義歯イメージ画像

義歯床の一部がシリコンで出来ています。
シリコンは軟らかいので、「入れ歯が当たって痛い!」ということが少なくなり、良く噛めるようにもなります。デメリットは汚れが付きやすいことと、値段が高いことです。

※保険適用外となります。
1床あたり309,000円(税込)です。

インプラント義歯

インプラント義歯イメージ画像

アゴの骨に「インプラント」を打ち込み、そのインプラントを入れ歯を支えるための土台にする方法です。
入れ歯の安定性や噛む力を大きく高めることが出来ます。

※保険適用外となります。
1床あたり309,000円(税込)です。
※上記料金にはインプラントは含まれません。

症例

症例:インプラント総義歯
写真:下顎にインプラント4本植えています。その上に磁石をつけています。

下顎インプラント画像

写真:下顎総義歯に磁石をつけています。

下顎総義歯画像

写真:噛み合わせ面から見た総義歯です。

噛み合わせ面から見た総義歯画像